【じゃがいもとベーコン!】ジャーマンポテト風ホットサンドを作る方法

悩んでいる人

ジャーマンポテト風ホットサンドを山で食べたい。

こんな疑問にお答えします。

ジャーマンポテトをホットサンドに入れたら美味しいだろうなと思って、山で実用できるようにアレンジしました。

本記事は、ジャーマンポテト風のホットサンドを作る方法を紹介した記事です。

焼き方のコツやおいしく仕上げるポイントを紹介していますので、ぜひ記事をご覧くださいね。

山で美味しいジャーマンポテト風ホットサンドを食べるには〜事前準備編〜

使用する材料(1人前)は下記です。

ジャーマンポテト風ホットサンドの材料

  • じゃがいも 4分の1個
  • 食パン 2枚
  • ベーコン 2枚
  • チューブニンニク 0.5cmぐらい
  • とろけるチーズ 1枚
  • ブラックペッパー 適当
  • オリーブオイル 少し
  • マヨネーズ 少し
  • バター(なくても可)
  • パセリ(なくても可)

りょうた

チーズやバターはなくてもいいのですが、あるとより美味しくなります!

山で美味しいジャーマンポテト風ホットサンドを食べるには〜仕込み編〜

ホットサンドは仕込みの段階で、すぐに焼ける状態まで持っていきます。

とはいえ、作り方はとても簡単です。

仕込みでやることは3つ。

  1. じゃがいもとベーコンの調理
  2. オリーブオイルマヨソースを作る
  3. 具材をパンにのせる

①じゃがいもとベーコンの調理

じゃがいもの皮を剥いた写真

▲じゃがいもの皮を剥いて、

スライサーとじゃがいもの写真

▲じゃがいもはスライサーでスライス。レンジで1分ほどチンして軽く火を通してください。

スライスしたじゃがいもの写真

▲じゃがいもの厚みはだいたいこれぐらいです。

ベーコンの写真

▲ベーコンも適当に切ってください。今回はハーフベーコンなので、そのまま使用しました。

②オリーブオイルマヨソースを作る

オリーブオイルマヨソースは、ジャーマンポテト風ホットサンドの味の決め手になります。

作り方は簡単で、下記を適当量混ぜるだけです。

  • オリーブオイル(香り)
  • マヨネーズ(味の決め手)
  • ブラックペッパー(香り)
  • にんにく(香り、インパクト)
  • パセリ(雰囲気、いろどり)

にんにくとマヨネーズとにんにくの写真

▲にんにくとマヨネーズとオリーブオイル。にんにくはもっと少なめで大丈夫でした…

オリーブオイルマヨソースの分量はぶっちゃけ適当です。

だけど、オリーブオイルを入れすぎてしまうと、ドロドロになってしまうので、あまりドロドロにならないくらいに入れてくださいね。(持ち運びにソースがどろっとしてると厄介)

あと、にんにくは少しでいいです。あんまり入れすぎると、お腹くだすので。

よりジャーマンポテト感を出すために、ブラックペッパーは多めに入れましょう。

オリーブオイルマヨソースの写真

▲ブラックペッパーとパセリを加えて混ぜるとこんな感じ。

パセリの色がへん…

りょうた

酸化して色が変化してしまっているね…ここで余裕があれば、生のパセリを刻んで入れると、より香りがでて美味しいよ。
オリーブオイルマヨソースを作る際の注意点
  • オリーブオイルは入れすぎない
  • にんにくは少しでOK
  • ブラックペッパーは多め

③具材をパンにのせる

パンにバターを塗っている写真

▲パンにバター(マーガリン)を塗って広げていきます。

パンにベーコンとじゃがいもをのせた写真

▲具材をのせていきます。このとき、じゃがいもは少し重ねるようにしておくとたくさん置けます。

パンにオリーブオイルマヨソースをのせた写真

▲その上にオリーブオイルマヨソースをのせて、

パンにチーズをのせた写真

▲最後にチーズをのせる!

ジップロックにパンと保冷剤を入れた写真

▲で、ラップして保冷剤を入れて山に持っていくだけです。

山で美味しいジャーマンポテト風ホットサンドを食べるには〜調理編〜

仕込みで準備はできているので、あとはサクッと焼いてしまいましょう。

ジャーマンポテト風ホットサンドを作るために山に持っていくもの

▲山に持っていくもの。まずは、ホットサンドメーカーを両面20秒ほど温めてください。

ホットサンドメーカーにパンをおいたところ

▲こんな感じで具材をはさんだパンをおく。

ガスバーナーの火力の写真

▲じゃがいもにはレンジで火を通していますが、弱火じっくりの方が無難です。片面1分30秒〜2分ぐらいかけて焼くのがいいかなと思います。

弱火で焼くと、急に焦げることも防げるね。

ジャーマンポテト風ホットサンドの完成写真

▲できました…!まじでうまそう。

焼くときのポイント

弱火でじっくり焼くこと(目安は片面1分30秒から2分)

 

ぼくがいつも使っているバーナーは下記で紹介してます。超高火力でおすすめですよ。

関連記事>>【デメリットあり】プリムスの153ウルトラバーナーを使う4つの利点

山で美味しいジャーマンポテト風ホットサンドを食べるには〜実食編〜

ジャーマンポテト風ホットサンドの中身の写真

味はどう?

りょうた

めちゃくちゃうまい。にんにくとマヨネーズがいい感じにマッチしてる…!あとは、パンに塗ってあるバターが効いていて、風味豊か。当然だけど、ベーコンとじゃがいもとチーズの組み合わせも最高。

本場のドイツ人も満足してくれそうなジャーマンポテト風ホットサンドができました。

カロリーも高めなので、がっつり山ごはんに持ってこいのホットサンドだと言えるでしょう。

まとめ:ジャーマンポテト風ホットサンド作り方のポイントは弱火じっくり焼き

本記事では、ジャーマンポテト風ホットサンドの作り方を紹介してみました。

ポイントは、味の決め手となるオリーブオイルマヨソースと焼きの火力です。

とはいえ、そんなに気にしなくても誰でも簡単に作れますので、ぜひ作ってみてくださいね。

 

登山での食事についての記事!下記もおすすめです。

>>【考えるべきはこれ!】登山での食事を考える際の4つのポイント

>>【ポイントは〇〇〇!】美味しいたまごホットサンドの作り方

 

↓ツイッターでも登山の情報を発信してます。チェックしてみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください